子どもが生まれたら保険は入っておくべき?子どもにも保険は入れるべき?

子どもが産まれて考える保険にはどのような種類があるでしょう。使うか使わないかわからない保険は家計に大きな負担になると考える人もいますよね。安心材料として入っておかなければ不安という人もいます。医療保険、学資保険など、保険の種類とその必要性、入るか入らないかという考え方や上手な選び方についてお話しします。

学資保険
photo credit: p9175228 via photopin (license)

 

学資保険

学資保険の基本は、子供の将来を考えての教育費の積立だと思ってください。将来、どんな高校へ進みたいか、高校卒業後は大学進学するかもしれない。その時に高額な教育費を負担するのが大変である家庭であれば、入っておくことをおすすめします。その時になって考えるわ!という方は絶対に必要だと言い切ることはできません。ただ、学資保険には貯蓄重視型と保障重視型があります。満期時の返金率が高い方が良い場合は貯蓄重視型、医療保障や死亡保障を充実させたい方は保障重視型を選ぶと良いと思います。保険会社により異なりますが、学資保険を満期分まで一括納付した場合、返金率が掛け金より上回ることもあります。

 

生命保険

生命保険のメリットは、死亡保障が充実していることです。例えば、一家の生活費を稼ぐ父親が亡くなった場合のことを考えると、死亡保障の高い生命保険には加入すべきです。しかし、子供の場合はもともと収入がないのですから、亡くなった後の生活費を考えて加入する必要はありません。また、今現在、子供が入院するかもしれない、という考えで加入を検討するのであれば、その前に、子供は自治体の助成制度により負担額が少ないことも考慮すべきポイントです。それでも、入院中の医療費以外にかかる部分を補いたいという方は、掛け捨て額が多いことを踏まえて、普段からそのために個人貯蓄を増やしておくほうが賢い方法ではないでしょうか。

 

医療保険

医療保険には、公的医療保険と民間医療保険に2種類があります。親が通常加入する医療保険には、企業により異なりますが、国民健康保健と社会保険の2種類があります。それにより、子供も必然的に医療費に加入することになります。また、乳幼児医療費助成制度というものが各自治体にあり、自治体ごとに助成される割合は異なりますが、病院にかかっても医療費が軽減され、自己負担額は高くなりません。民間医療保険は、公的医療保険の不足分を補うために加入するものなので、赤ちゃんの場合は必要ないと言っても過言ではないでしょう。

 

子供は中学を卒業するまでの期間、ほとんどの医療費がかかりません。

保険は「万が一」「将来のために」と考え、よりメリットの大きい保険に加入しましょう。もし保険の加入を考えているのであれば、子供だからこそ有り得る器物破損保障の特約を付けられる保険に加入することをおすすめします。誰かを怪我させた、他人の家の物を壊したという場合に保険が下りるものですから、子供の場合は入っておくと安心かもしれません。

 

子供が産まれたら、親は保険に加入すべき?

次に、親が加入すべき生命保険についてお話しします。まず、親には子供を育て上げるという責任があります。万が一、子供がまだ自分で生活費を稼ぐことができないうちに、親が何の保障もないまま亡くなってしまったらどうなるでしょう。これから高校や大学に進学することを考えると、子供が小さいうちは親が死亡保障の高い生命保険には加入しておくべきでしょう。

 

保険の選び方

日本にある何十社という保険会社から自分に合う保険を選ぶのは容易ではありません。また、生命保険や学資保険と言ってもその内容は様々で、特約を付けるとか、返金額が何割くらいかなど、1つの保険会社でも違ったプランの保険がいくつもあります。特定した保険会社のプランナーに相談すると自己会社の保険をPRされるのは当たり前で、本当に自分に合った保険を比較検討するのは難しいでしょう。そこでおすすめなのが、多くの保険会社を比較しながら相談に応じてくれる保険ショップです。全国に展開されている保険ショップは無料相談が原則なので、一度、お近くの保険ショップに足を運んでみてはいかがでしょう。近くにない、または子どもがまだ小さくて外出が難しい場合は、自宅に訪問してくれる無料相談サービスもあります。

 

保険の選び方が不安なあなたへ。


無料でファイナンシャルプランナーに相談出来ることをご存知ですか?
ご自宅またはお近くの保険ショップでお気軽に相談することが出来ます。
しつこい勧誘もなく、安心のサービスを調査しました。


無料保険相談サービス比較

 



保険の無料相談なら保険マンモス

コメントを残す

このページの先頭へ