保険ってそもそも必要なの?

公益財団法人 生命保険文化センターの調査によると、1世帯が生命保険に年間で支払っている保険料は平均で約415,500円/年だそうです。つまり、一ヶ月あたり約35,000円の保険料を支払っているそうです。あくまで「平均」ですので、これ以上払っている人もいますし、これ以下の方もいます。

保険の必要性
photo credit: Portrait of a young business woman at office via photopin (license)

「そもそも保険って必要なの?もっと安く出来ないの?」と思う人も少なく無いと思います。保険とはもしもの時に備えるためのもの。例えば一家の大黒柱であるパパにもしものことがあった場合、お子様の教育費の準備はどうすればいいでしょうか?また、病気や怪我で働けなくなった場合、収入がなくなる上に入院費や治療費を支払っていく必要があります。このようなことがあっても、保険に加入していれば金銭面での心配を減らすことが出来ます。人生には予想外のことがつきもの。万が一のために、保険に加入しておくと安心です。
しかし、安心だからといって保険にたくさん入ると、今度は保険の支払いが家計を圧迫する「保険貧乏」になってしまいますので、必要なものに絞って加入するようにしましょう。

 

働き盛りの方は医療保険だけでも入っておこう!

働き盛りの方にとっては、医療保険が欠かせません。病気や怪我で長期入院や仕事を辞める等、働けなくなってしまった場合、医療保険に加入していると金銭面での負担を軽減することが出来ます。手術費や抗がん剤治療、入院費は突然の出費として大きく家計に影響しますので医療保険で備えておくことが望ましいです。
健康に自信がある方でも、年齢を重ねるごとに病気のリスクはだんだん高まります。皆様の周りにも、「まさかあの人が」という方が病気になっていることはないでしょうか?また、怪我については誰にでも起こりうることですので防ぎようがありません。病気や怪我にになってから後悔することのないよう、前もって医療保険で備えておくとよいと思います。

 

保険料を安くおさえるコツ

医療保険を安くおさえるには、無駄な保障をなるべく減らすことです。保障がシンプルなものであれば、保険料は安くなります。医療保険には、がんや脳卒中、心筋梗塞という三大疾病に備える特約もありますが、保障を上乗せすればするほど保険料は高くなります。全ての特約に入っておけば安心ではありますが、例えばがんになりやすい家系の方であれば、がんの特約には入っておくなど、本当に自身にとって必要なものだけを選ぶようにしましょう。

 

保険の選び方が不安なあなたへ。


無料でファイナンシャルプランナーに相談出来ることをご存知ですか?
ご自宅またはお近くの保険ショップでお気軽に相談することが出来ます。
しつこい勧誘もなく、安心のサービスを調査しました。


無料保険相談サービス比較

 



保険の無料相談なら保険マンモス

コメントを残す

このページの先頭へ